ホーム > お葬式の流れ

お葬式の流れ

ご臨終・移送


自宅で亡くなられた場合―掛かり付けの医師に連絡し、死亡診断書を受け取ります。 病院で亡くなられた場合―医師より死亡診断書を受け取り、葬儀社にご遺体の移送を依頼します。 事故等で亡くなられた場合―ご遺体に触れず、所轄の警察署に連絡し、検死後、死亡検案書を受け取ります。 近親者に連絡します。 ​葬儀社に連絡します。




枕飾り


神棚封じをします。 枕飾りの用意(香炉・燭台・りん・花等)をします。 一膳飯・団子・お茶・水等の用意をします。(宗派により異なります。) 末期の水―割箸に脱脂綿を巻き、水に浸して故人の唇を濡らす儀式―の用意をします。 寺院等(菩提寺)に連絡し、枕経を依頼します。




打ち合わせ(葬儀内容の決定)


喪主を決めます。 寺院と、葬儀の日時・場所、戒名(法名 )等の打ち合わせをします。 葬儀社と葬儀内容を決定します。 ①故人の地位や遺志・遺族の希望によっ て、葬儀の規模(祭壇等)と予算を決めます。 ②遺影写真を準備(原画)します。 ③会葬礼状・会葬品・香典返し・料理(通夜ぶるまい・法要膳)等の種類・数量を手配します。




納棺


死化粧・死装束をします。 お棺にご遺体を納めます。 故人の愛用品をお棺に納めます。(燃えにくいガラス・金属製品等は不可)




祭壇設営


式場のスペース・ご予算に合わせて、祭壇や会場周りの設営をします。 祭壇にお棺を安置します。 供花・花環・供物・喪服等を葬儀社に依頼します。




通夜


通夜の一時間前より、弔問者の受付を開始します。 香典を頂いた場合は、香典返しをします。 僧侶をお迎えします。 読経中に 喪主より順に焼香します。 喪主より、僧侶・弔問者に御礼のあいさつをします。 僧侶・弔問者に、通夜ぶるまいのおもてなしをします。 近親者が交替で、ローソク・線香を絶やさないようにお守りします。 ​※地域によって異なります。詳しくはお近くの組合員・葬儀社へお尋ねください。




出棺・火葬


祭壇からお棺を移し、蓋を開け故人と最後のお別れをし、お花でご遺体を飾ります。 喪主・遺族・近親者の順で釘打ちの儀を行います。 お棺を霊柩車に移し、喪主は同乗して火葬場に向かいます。 火葬場で荼毘に付します。 控室で収骨まで待ちます。(火葬場により1~2時間かかります) 控室では、お茶菓子等でおもてなしをします。 ※火葬場職員の指示に従ういます。




葬儀・告別式


式場の準備をします。 開式一時間前よりご会葬者の受付を開始します。 司会者は、僧侶・喪主と式次第・弔辞・弔電・焼香順位・謝辞について最終的な進行の確認をします。 式次第は宗派・地域・規模により異なりますので、必ず事前に確認しておきます。




法要


法要にお招きする方は、できれば通夜までにお知らせしておきます。 法要は初七日迄か、四十九日迄か、百ヶ日迄か、僧侶と事前に確認しておきます。




会食(精進上げ・精進落とし)


事前に、お膳・引き出物・飲物の確認をしておきます。 喪主は末席に座り、御礼の挨拶をします。





​※地域によって異なります。詳しくはお近くの組合員・葬儀社へお尋ねください。

Copyright(C) 岩手県葬祭業協同組合.All Right Reserved.